農作物共済
 水稲や麦の減収を補償します。


共済目的は?

 水稲、麦


加入できる農家は?

 水稲および麦の耕作面積の合計が10アール以上の農家


対象となる災害は?

 風水害、干害、冷害、雪害その他気象上の原因(地震および噴火を含む)による災害、火災、
 病虫害および鳥獣害
 (麦の災害収入共済方式および水稲の品質方式については、上記災害による麦または水稲の減収、
 または品質の低下を伴う生産金額の減少)


加入方式は?


 (注)この引受方式を選択できるのは、収穫物の概ね全量を農協等に出荷しており、
   その出荷資料等で収穫量や生産金額等が確認できる方に限られます。

 [基準収穫量]
  基準単収(10アール当たりの平年的な収穫量)×耕地面積 

共済金額(契約補償金額)は?

・一筆方式、半相殺方式および全相殺方式

共済金額=引受収量×単位当たり共済金額  


 [引受収量]
  一筆方式 :耕地ごとの基準収穫量×7割   (6割または5割)
  半相殺方式:耕地ごとの基準収穫量の合計×8割(7割または6割)
  全相殺方式:耕地ごとの基準収穫量の合計×9割(8割または7割)

 [単位当たり共済金額]
  共済目的の種類等ごとに、キログラム当たりの補償価格を限度として、農林水産大臣が
  毎年金額を定めたものです。



共済金(支払金額)は?


・一筆方式、半相殺方式および全相殺方式

共済金=単位当たり共済金額×共済減収量 


 [共済減収量]
 一筆方式 :(基準収穫量−収穫量)−基準収穫量×3割
 半相殺方式:(被害耕地の基準収穫量の合計−被害耕地の収穫量の合計−農家の基準収穫量)×2割
 全相殺方式:(農家の基準収穫量−農家の収穫量−農家の基準収穫量)×1割