家畜共済
 家畜の病傷や死亡を補償します。


共済目的は?

 牛 :原則として、出生後の牛および、授精等の後240日以上の胎児
 種豚:出生後第5月の月の末日を経過したもの
 肉豚:出生後第20日の日(その日に離乳していない時は、離乳した日)から
    出生後第8月の月の末日までのもの
 馬 :原則として、出生の年の末日を経過したもの


加入できる農家は?

 養畜の業務を営む農家


対象となる事故は?

  死亡、廃用、疾病、傷害(牛の胎児および肉豚は死亡のみ)

 ※平成31年1月以降は、死廃共済病傷共済に分かれ、それぞれに加入する形になります。
  死廃共済…死亡、廃用
  病傷共済…疾病、傷害

加入方式は?

 包括共済 対象家畜を一体として加入する方式です。


共済金額(契約補償金額)は?

 共済価額に最低割合(2割)を乗じた額と、最高割合(8割)を乗じた額との範囲内で
 加入者が申し出た金額

 [共済価額]
  肉豚以外の包括共済対象家畜については、その種類ごと及び農家ごとに、現に飼
  養している家畜の価額の合計額。肉豚については、農家ごと及び飼養区分ごとに、
  共済掛金期間開始時に飼養している肉豚の価額の合計額。


共済金(支払金額)は?

 ・死亡・廃用の場合

  組合等が認定の上、以下の算式により共済金を求めて支払います。

共済金=損害額×(共済金額/共済価額) 

  [損害額]
   損害額 = 事故家畜の価額 −(肉皮等残存物価額又は廃用家畜の評価額 + 補償金等)


 ・疾病・障害の場合

  獣医師の診療を受けた場合、一共済掛金期間の病傷給付限度額を定めて、その範囲内で
  診療に要した費用(初診料は除く)を、以下の算式により共済金として支払います。

共済金=10円×B種総点数(診療費全体の評価に用いる点数)