畑作物共済
 大豆の減収を補償します。


共済目的は?

 大豆


加入できる農家は?

 栽培面積が20アール以上の農家


対象となる災害は?

 風水害、干害、冷害、ひょう害その他気象上の原因(地震・噴火を含む)による災害、火災、
 病虫害及び鳥獣害による農作物の減収


加入方式は?

 ・半相殺方式
  被害耕地ごとの減収量の合計が、その農家の基準収穫量の2割を超えた場合に共済金を
  支払います。

 ・全相殺方式
  農家ごとの減収量が、その農家の基準収穫量の1割を超えた場合に共済金を支払います。

 ・一筆単位方式 ※平成34年産から廃止
  被害耕地の減収量が、その耕地の基準収穫量の3割を超えた場合に共済金を支払います。


共済金額(契約補償金額)は?

 ・半相殺方式及び全相殺方式

共済金額=単位当たり共済金額×基準収穫量×引受割合  

 ・一筆単位方式

共済金額=単位当たり共済金額×基準収穫量×7割  


共済金(支払金額)は?

共済金=単位当たり共済金額×共済減収量 


  [共済減収量]
  半相殺方式 :被害耕地ごとの減収量の合計−耕地ごとの基準収穫量の合計×2割
  全相殺方式 :農家の減収量−農家の基準収穫量の合計×1割
  一筆単位方式:被害耕地の減収量−当該耕地の基準収穫量×3割